2018-04

住宅購入手順

GWの真っ只中、いかがお過ごしでしょうか?
中にはこの期間を利用して住宅購入を検討されて方もいらっしゃることでしょう。そんな方に、ぜひ読んでいただきたいと思い掲載しました。
1. 住宅購入で何からどのように始めればいいのかの行動手順がわからない
2. 家はどんな基準で選べばよいのか
3. 自分はいくらぐらいの物件が購入できるのか(住宅ローン借入の疑問)

あなたは当てはまりましたでしょうか…。
お住まい探しがもうすでに進んでらっしゃれば、この段階はクリアされているかもしれません…。

しかし、もしあなたがお住まい探しされたばかりであれば、この悩みは有耶無耶にせず、最初にクリアされることをお勧めします。
上記3点の不安を曖昧にしながら、なんとなくインターネットで「物件探し」をしてしまっていれば、結果的にあなたの貴重な時間を無駄にしてしまい、よい不動産を購入することは難しいでしょう…。
まず理解しなくてはならないのは、
不動産購入で最初にすべきことは、「物件探し」ではない。
(住宅購入は賃貸の家を探すのとは、訳がちがいます。)
「そんなこと言われなくても分かっている:::」という声が聞こえてきそうですが、意外とやっている人が多いのが事実です。

まず、あなたのやるべき行動手順を理解しましょう。
1. 住宅を購入するにあたって、何が問題なのかを認識する。
2. あなたの味方になってくれる不動産会社と信頼できる担当者を見つける
3. 資産価値が落ちにくい不動産とは、どんな物件かを理解する。
4. プロに個別相談の上、資金計画とエリアの選定を行っていく。
5. それから、物件探しをする。

ここで大切なのは、具体的な行動手順の詳細を理解することより、順序が大切です。

上手く行かない人は、「物件」を自分で選び、扱っている不動産会社を訪ねる。
上手く行く人は、「不動産会社」を選んでから、一緒に「物件」を選ぶ

この手順を踏まない場合、全くちがう結果も変わってきます。
住宅購入で失敗したくない人は、まずこの順番を明確に理解しましょう。
 なお、この情報はリニュアル仲介本部情報を掲載しました。

不動産の資産価値とリスクを即座に判断するセルフインスペクションアプリ「SelFin」
https://self-in.com/okazaki01
スポンサーサイト

既存宅地要件

岡崎市において既存宅地とは、開発審査基準第16号「既存の宅地における開発行為又は建築行為等」のことをいいます。では、既存宅地の定義を確認してみましょう。
市街化調整区域には原則として建物建築はできません。ただし、「線引き」以前(昭和45年11月23日以前)に宅地であって現在まで継続して宅地である土地は、開発許可または建築許可の対象となります。
判断基準①線引き時点において土地登記簿謄本の地目が既に宅地となっているもの(登記事項証明書確認) ②建築基準法第42条第2項道路以上に接すること ③敷地面積は180㎡以上  ④予定建築物は戸建て専用住宅・共同住宅・小規模な店舗等 ⑤高さ10m・建蔽率60%以内・容積率200%以内 ⑥敷地間の最短距離が50mの距離で50戸以上の建築物が蓮たんしている
既存宅地の申請から許可まで約1ケ月程度かかります。

岡崎市の中古住宅・中古マンション購入は不動産apoへご相談ください。⇒http://www.fudo-apo.co.jp

広告表示時期

不動産の広告表示の開始時期について、改めて確認をします。宅建業法第33条では宅地の造成・建物の建築に関する工事の完了前においては、その工事に必要とされる都市計画法第29条の開発許可、建築基準法第6条の建築確認があった後でなければ広告をしてはならない。表示規約においても宅建業法と同一内容の規制をしています。これは宅地の開発計画や建物の建設計画を立てても、確実にその計画が実現される保証がないためです。

岡崎市内の不動産購入は不動産apoにご相談ください。⇒http://www.fudo-apo.co.jp

ペアローン

収入合算の場合は、夫婦どちらかの名義で住宅ローンを組みますが「ペアローン」は夫婦それぞれの名義で住宅ローンを借ります。では、ペアローンのメリット・デメリットを考えてみましょう。
メリット①単独や収入合算よりも借入できる金額が増える  ②夫は変動金利、妻は固定金利を選択することにより金利リスク負担を分散できる  ③住宅ローン控除は夫婦二人に適用できる
デメリット①どちらかが無収入となったとき、住宅ローンを肩代わり返済した場合、贈与認定となる  ②住宅ローン等特別控除期間中に無収入になった場合、ローン控除が適用できなくなる  ③2つの契約のため、登記費用等の諸費用が2倍となる  ④借入増加により、返済負担額が増える   以上、両方を理解のうえ、ローンを利用しましょう。


岡崎市内の不動産購入・売却時には不動産apoにご相談ください。⇒http://www.fudou-apo.co.jp

マンション選び

中古マンションの売買は売り手と買い手の需給関係、つまり市場価格的な要素で決まります。ではマンション価格はの決定要素はまずは、立地(駅からの距離・主要駅へのアクセス・利便施設へのアクセス等)続いて、管理(管理会社の質・建物の維持管理状況・修繕積立金等の水準)、機能・性能(耐震性能・トランクルーム・宅配ボックス・オートロック・防音性能・防犯性能)個別要件として、階層による違い(眺望・日照)などで価格が決まります。物件を調査する場合、平日と休日、時間帯(朝・昼・夜)を分けて行います。

岡崎市内で購入希望の中古マンションご相談は不動産apoへ⇒http://www.fudo-apo.co.jp

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺田光雄

Author:寺田光雄
岡崎の願成寺前で、不動産店舗の店長をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR