FC2ブログ

2018-09

既存住宅流通量

高度成長期における新築偏重政策からリフォーム市場の拡充に力を注いでいる住宅政策ですが、では今後既存住宅流通市場はどのようになるでしょうか。野村総合研究所調べでは2000~20015年における住宅購入者を対象にしたアンケート調査結果によると、既存住宅を購入した世帯比率は2005年:18%から2015年:29%の増加した。この傾向が2016年以降も継続すると、2025年:42%、31万戸、2030年:48%、34万戸へ増加するという予測をだしています。インスペクション(建物状況調査)を活用することで、売主・買主が安心して取引が出来る市場となればこの予測を現実味が出てきますね。

岡崎市内の中古住宅購入のご相談は、不動産apoへ⇒http://www.fudo-apo.co.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apoterada.blog.fc2.com/tb.php/157-0014dedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺田光雄

Author:寺田光雄
岡崎の願成寺前で、不動産店舗の店長をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR