FC2ブログ

2018-12

耐震診断NO2

誰でもわかる!木造住宅の耐震診断2E38080~耐力壁~-1024x683
こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。


前回、誰でもわかる!と言いながらも結局のところは分りにくい分野であることは間違いないのですが、懲りずに第2段やります。
今回のテーマは耐力壁です。

前回の説明で保有耐力という説明をいたしました。
現地調査で壁の強さを確認して、全て合計したものが保有耐力です。
ここでいう強さを持つ壁を「耐力壁」と言います。

下図は壁の構造を表したものです。
   
 誰でもわかる!木造住宅の耐震診断2-壁構造図-1 (1)

単純に耐力壁といっても、柱を挟んで両側に面材が付きます。
また、壁の内部には部分的に筋交いと言われる構造材が設置されます。

誰でもわかる!木造住宅の耐震診断2-筋交い-1

1枚の耐力壁の評価は下記です。

<片側の面材の耐力>+<もう片方の面材の耐力>+<筋交いなど構造材の耐力>

各面材には耐力が下記のように設定されています。

誰でもわかる!木造住宅の耐震診断2-耐力壁表-1

例えばどちらの面材も石膏ボードで、3つ割り筋交いのある壁は、
<石膏ボード 1.1kN/m>+<石膏ボード 1.1kN/m>+<3つ割り筋交い 1.9kN/m>=<4.1kN/m>という強さになります。

この壁の強さには、接合部の金物に応じた低減要素があるのですが、接合部のお話はまた後日となります。

耐震診断の現場では、各壁の面材の仕様を確認していくのが重要な作業となります。
耐震改修工事は弱い面材を強い面材に変更する工事となります。

ご不明な点がございましたら
岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。

◆不動産の価値とリスクを一瞬で判断

物件購入の判断材料にSelFin(セルフィン)をご利用ください。

無料で利用できます。

SelFinQRコード
QRコードで簡単アクセス
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://apoterada.blog.fc2.com/tb.php/180-0040e744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺田光雄

Author:寺田光雄
岡崎の願成寺前で、不動産店舗の店長をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR