FC2ブログ

2018-12

五世代住宅

家と車(容積率)

こんにちは!

岡崎市の不動産エージェント・不動産apoです。

今回は五世代住宅について

先日、これからの未来の住宅をLIXIL住宅研究所がコンセプトホームとして発表していたのでご紹介いたします。

『~人生100歳時代の未来住宅~五世代』では、4世帯が暮らせる「つながる家」を提案。

1つ屋根の下で、小さなコミュニティを形成することで、お互いに見守り、お互いに助け合い、子育てや介護の手助けができ、人とのつながりを大切にする暮らしができます。

「五世代」の間取りは、共有スペースである「コネクティング・フロア」と、各世帯の独立したスペースとなるUnit1からUnit4に分かれています。

Unit1は85歳世代:高齢者世代

あえて階段などの段差を設け足腰を鍛えられるような造りです

Unit2は65歳世代:充実世代

各年代の中でも家にいる時間が多くなるため、同居世帯を見守りやすい配置で、

万が一介護が必要になった場合にも、玄関からスロープで段差を通らずに入ることができるようする。

Unit3は45歳世代:働き盛り世代

1フロア内に浴室・トイレ・キッチンを設けています。ライフステージの変化などにより、空きのUnitが出た場合には、簡単な間取り変更により賃貸物件として貸し出したり、民泊に利用することもできるようにする。

Unit4は25歳世代:子育て世代

子育て世代が住まうことを考慮し、床には子どもが騒いでもケガをしにくく、下の階に音が響きにくい、クッション性のある床材を採用しています。

さらに、子どもの基礎的な運動機能を向上させる様々な運動プログラムを実施できる工夫を盛り込んでいます。

人生100歳時代を見据え、生き方や暮らし方の変化に対応し、世代や世帯を超えて、ライフステージの変化に合わせて住まい方を変えられる提案をしてます。

詳しくは下記を参照してください。

https://www.lixil-jk.co.jp/5sedai/index.html

『~人生100歳時代の未来住宅~五世代』はまだ販売されてはいないようですがこれからマイホームを建てるときには

自分の両親の事、子供の事、自分の体調などで部屋の配置などが変ります。

いかに住んでいる人達が快適に助け合いながら住めるのかを良く考えたいものです。

部屋の配置や素材などにもこだわって健康や子供の成長に合った住まい造りも参考になりました。

自分のライフプランをしっかり考えより良い住まい造りの情報はたくさんありますので参考にしてみてはいかがでしょう。

ご不明な点等がございましたら

岡崎市のバイヤーズエージェント不動産apoへお気軽にご相談ください。


■不動産の価値とリスクを一瞬で判断

セルフインスペクションWEBアプリ:SelFin(セルフィン)・・・・・無料アプリ
QRコードで簡単アクセス
SelFinQRコード
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://apoterada.blog.fc2.com/tb.php/208-04b67e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺田光雄

Author:寺田光雄
岡崎の願成寺前で、不動産店舗の店長をしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR